針中野パークファイブ アンジユ

サンケイスポーツトクダネ取材班が
スクープ=トクダネ獲得を目指してホールに凸撃取材する「トクダネ!」。

今回の取材ホールは、近鉄南大阪線・針中野駅前の「針中野パークファイブ アンジユ」。
前回の9月9日に引き続き2回目の来店。
前回に引き続き今回もトクダネの数々をゲットすべく、いざ出陣!

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e2%91%a0

針中野駅前スグの最高のロケーション。
白亜の宮殿を思わせる店構え、もちろん店内もすっきりとしたレイアウトで通路もかなり広い。
遊技には最高の環境だ。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e2%91%a1

店内に入ると、「トクダネ!」取材看板がお出迎え。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e2%91%a2

まずはパチンココーナー。真っ先に「牙狼」コーナーをチェック。
業界ナンバーワンの人気機種で、どこのお店も力を入れているだけに、牙狼はホールのリトマス試験紙。
「牙狼」と「海」を見れば名店か否かはすぐ分かるといっても過言ではない。

で、
「アンジユ」の牙狼はというと、客付きはパーフェクト!
しかも、めちゃ出てるじゃないですか!
通路が広すぎるのと、パーソナルシステム導入ということもあり、写真では伝わりにくいが2万発オーバーが数台。
こりゃ満台になりますな。ちなみに海も超満台。
これだけ活気があれば、取材する方もテンション上がりますな。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e2%91%a3

さらなる期待感を胸に、今度はスロットコーナーに向かう。
もちろんスロットもかなりの人、そして出玉。
特に最新台の「北斗修羅」、これは当然のように満席。
しかも台上にはドル箱がちらほら。お客さんの期待を裏切らない、最高のパフォーマンスですな。
その他の機種にもかなりの数のスロッタ―が溢れ、好況の模様。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a5%e2%91%a4

同店では最新のデータシステム「プレミアムビグモ」を導入。
画面も大きくて、さまざまなデータが取得可能。
これだけ高性能だと一度は触ってみたいものですな。
しかもドル箱もカチ盛りだし。最高の遊技環境。
これもファンとしては重要視するポイントではないでしょうか。

 

大阪でも有数の激戦区・天王寺エリアから電車で8分。
一足伸ばせば、最高の遊技環境でプレイできる。
このトクダネを多くのパチンカー、スロッタ―に伝えたいと思った取材班でした。